自己紹介「実力なし」「人脈なし」「実績なし」からネットで生活ができるまで

蒼邱
蒼邱

はじめまして。このブログを運営している高田です。このページは僕の自己紹介記事になります。簡単な経歴は、通販会社→フリーランス→失敗→webマーケティング会社就職→フリーランス

現在はweb制作・コンサルの他に、お店の看板や商品のロゴなどを筆文字で書く『デザイン書道』というのをやっています。ご依頼の9割以上はホームページからいただき、これまで300案件ほど制作しています。また、ネットでデザイン書道を教える通信講座では150名ほどの会員へ教えてきました。

今ではネットからご注文をいただき生活できるようになっていますが、決して順調に来たわけではなく、11年ほど勤めた会社を辞めてフリーランスで活動し始めた頃は「実力なし」「人脈なし」「実績なし」の三拍子揃った状況からのスタートでした。

どのようにして「注文をいただけるようになったのか?」「このブログを作った理由」を簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

ネットから注文を取って生活できるようになるまで

ホームページを作る

htmlがある程度わかり、自分でホームページを作ったこともあるので「ネットから受注できるはず!」と思いホームページを作りました。公開後、実は早い段階でご依頼はいただけたのです。でも、コンスタントに依頼が来ることはなく、来ても月に2件くらいで、1件も来ない時もありました。

ホームページが作れるからといって注文が来るサイトが作れるわけではないのです。トップページに何を載せていいかもわからない状態でした。

ブログで集客を始める

デザイン書道を始めてしばらくした頃にアメブロを始めました。その頃は、書いた作品や展示会の様子などを書いている『日記』でした。

ある時、アメブロで集客できることを知り、アメブロのコンサルを受けます。そこから毎日、アクセスを集めるためにコンサルで学んだことを実行し始めました。しかし、残念ながら思うような結果は得られず、ブログから注文をいただけたのは数件でしたが、ここで学んだことは大きく後に役に立ってきます。

アフィリエイトに手を出したりもしてみた

ホームページもブログも上手く行かず、デザイン書道以外に目を向け始めます。そこで、目をつけたのが『アフィリエイト』です。こちらもコンサルを受けたりしましたが、当然ながら簡単にできるものではありません。

やってみて気がついたのですが、アフィリエイトで稼ぐためサイトを制作して時間をかけるのであれば、デザイン書道のホームページやブログに時間を使った方がいいのでは?ということです。折角、デザイン書道という素材があるのだから、わざわざ難しく競争率の高いアフィリエイトをやる必要はないということです。

しかしアフィリエイトをやったことは無駄ではなく、色々なことを学ぶことができました。

集客サイトを制作している会社に入社

ここまで失敗続きで、とうとう貯金がなくなり生活できないくらいになります。そこで、会社で働くことになるのですが、どうせなら「ネット集客の勉強できる会社にしよう」と2社受けるとフリーでやっていたことが役に立ち、入社することになります。

この会社ではwebディレクターとして様々な集客用のサイトを制作しました。社内の制作物はデザインしたりコーディングもしましたが、メインはサイトの構造やキーワードを考えたり、SEO対策したりなどのディレクションです。

誰もが知っている一流企業のサイト制作などもしました。この時に集客をするにはどうすればいいか?ということを学んで、それを自分のサイトに活かしていきました。

この間もビジネスのコンサルを受けたり、会社以外でも勉強は続けていました。貯金をすることもいいですが、大切なのは自分に投資することです。

会社を辞める

11年ほど勤めた会社を辞めた時は、収入の充てがないまま辞めたので失敗しました。その経験をしていましたので、次辞める時は「会社を辞めても生活していけるくらい収入を得られたら」と決めていました。

入社して2年経たないくらいでその時期が来たというのと、フルで時間を使ったらもっと稼ぐことが出来ると思ったので会社を辞めました。

そこから個人事業主として現在に至っています。

このブログを作った理由

僕はデザイン書道もしていますので、クリエイター系のサイトがよく目につきます。でも、クリエイター系の人って自分の作品は沢山載せているけど、サイトの作りが全然できていない人がほとんどです。作品しか載せていないようなシンプルなのが多いんですよね。そういうのを見て「もったいないなー」って思っていました。

だからサイトを訪問する人は名刺を渡してURLを知っている人や、名前で検索して入ってくる人です。なのでなかなかネットで注文が取れないんですよね。

そんなクリエイターの方がホームページから注文を取るにはどうすればいいか?を自分のサイトを運営してきた経験、元webディラクターの経験を活かしてweb制作やSEOの観点から発信していきたいからです。

店舗や企業の方などにも参考にしていただき、より多くの仕事を取れるようになっていただきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました